依頼者様の相続・遺言・離婚問題などを伊丹で解決へと導くお手伝いをいたします

お問い合わせはこちら

費用

財産や遺産の各種手続きを引き受けます

FEE

DV被害などによる離婚問題もプロが丁寧にお話を伺います

ライフスタイルが多様化し、家族や親戚といった人間関係も昔より希薄になっている現代では、身寄りのない高齢者の一人暮らし、遺産相続問題による親族間の不和、夫婦関係の破たんによる離婚などのご相談が増えています。こうした問題は、今後益々増えていくことが予想されます。
個人の力では解決が難しい問題も、法律の知識を持つ弁護士が専門的な立場からアドバイスをするだけではなく、依頼者様と心を通わせるカウンセリングで伊丹でお話を伺い、解決へと導きます。


法律相談

※法テラスと契約しています。収入が法テラスの資力基準以下の方は、一般法律相談援助を受けることができる場合があります。
  • 30分

    ¥5,500 (税込)

民事事件の交渉・調停・裁判等

民事事件(損害賠償請求事件など)の交渉・調停・裁判等の代理人としてご依頼いただく場合は以下のとおりです。
※経済的利益とは、相手に請求する事件の場合は請求額、請求される事件の場合は、当初請求されていた金額から交渉等、弁護士が介入したことにより減った額を言います。
※2:最低額を10万円とさせていただきます。
※3:最低額を5万円とさせていただきます。
以上とは別に、費用実費(裁判提起に必要な印紙代、通信費、交通費など事件処理に必要な費用)をいただきます。
また、収入や財産が法テラスの資力基準以下の方は、民事法律援助の代理援助等を利用できる(弁護士費用の立替払い)場合があります。
その場合は、法テラスの立替基準が弁護士報酬の額となります。
  • 【経済的利益】300万円以下の部分

    着手金:8%※2 / 報酬金:16%※3

  • 【経済的利益】300万円を超え3,000万円以下の部分

    着手金:5% / 報酬金:10%

  • 【経済的利益】3,000万円を超え3億円以下の部分

    着手金:3% / 報酬金:6%

  • 【経済的利益】3億円を超える部分

    着手金:2% / 報酬金:4%

離婚(婚姻費用分担請求、養育費請求、財産分与請求等含む)

以下とは別に、費用実費(裁判提起に必要な印紙代、通信費、交通費など事件処理に必要な費用)をいただきます。
また、収入や財産が法テラスの資力基準以下の方(離婚事件は配偶者の収入は除く)は、民事法律援助の代理援助等を利用できる(弁護士費用の立替払い)場合があります。
その場合は、法テラスの立替基準が弁護士報酬の額となります。
  • 着手金

    33万円~55万円 (税込)

  • 報酬金

    33万円~55万円まで (税込)

遺言書作成

相続関係図作成など単独のご依頼もお受けします。お気軽にお問い合わせください。
以下とは別に、費用実費(通信費、交通費など事件処理に必要な費用)をいただきます。
  • 遺言書作成

    11万円~ (税込)

財産・遺産に関連する各種手続き、遺言書作成、離婚問題を中心にご相談を承っています。現代社会ではいわゆる「お一人様」であることに起因するお悩みや疑問を抱えている方が増えています。お一人様とは、生涯結婚しないことを決めた方、子どもを持たない独身の方、親・兄弟姉妹がいない方、親戚と疎遠になっている方、パートナーに先立たれ独り身になってしまった方などを指しています。そのような方の中には不動産やお金など、もし万一のことがあった際に財産はどうなってしまうのだろうと疑問を持つ方は少なくありません。「特定の甥に残したい」「施設に寄付をしたい」など意思を残しておくことで、自分も周囲の人も困らずに済みます。
近年では離婚率が30%を超え、離婚相談も多くなっています。夫婦により理由は様々ですが、依頼者様がよりよい未来を生きていくための選択のヒントとなるよう、弁護士がご相談に乗りアドバイスいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。